地球の未来を語る 自然写真家 高砂淳二 /環境活動家 武本匡弘 コラボ

「光と虹と神話」満席になりました ごめんなさい
コラボ 自然写真家 高砂淳二 / 環境活動家 武本匡弘 ~地球の未来を語る~ 

今夏、私達は久しぶりの再会を喜び合い、そしてじっくりと語り合った、それはあっという間の10時間、コロナ禍で沈む都会の片隅で、「海に生き・地球の変化を見てきた者として、もっとやれることがあるはずだ、。」と。
11月 3 日(火・祝)満席になりました、ごめんなさい
14:00~16:00(開場13:00) 登壇者との交流を希望する方は、お早めにどうぞ!
・武本匡弘 映像と報告 「気候変動・気候危機・気候正義」
・高砂淳二 映像と語り 「光と虹と神話」
・地球の未来を語る トークセッション

・東京学院ビル 2階会議室(水道橋駅 西口徒歩1分 東京都千代田区神田三崎町3-6-15)
・参加費:一般 1,500 円/小・中・高校生 800円 ※完全予約制です。
・お申込 kikokikinet@ybb.ne.jp または 0466-50-0117 (エコストアパパラギ)
秋の日の一日、共に世界を観て歩いているような気分に浸れる贅沢な時間を過ごしましょう!

気候変動により変わりゆく地球・自然・海…
自然への乖離・動物の軽視がもたらしたと言われる「コロナ禍」、そしてパンデミック!
誰もが不安と息苦しさを拭い去ることはできません。
しかし私たちの地球には、目を見張るほど美しい自然が、まだまだ存在しているのです。

水中洞窟のダイバー セノーテ(メキシコ)


世界の絶景を撮り歩いた高砂さんの映像は、観る者に希望を与え、その語りには力強いメッセージがあります。
夏の日の一日、共に世界を観て歩いたような贅沢な時間を過ごしましょう!

オーロラ イエローナイフ(カナダ)

テカポ(ニュージーランド)

高砂淳二(たかさご じゅんじ)さん プロフィ-ル              
自然写真家。1962 年、宮城県石巻市生まれ。
熱帯から極地まで世界中の国々を訪れ、海中、生き物、虹、風景、
星空など、地球全体をフィールドに、自然の繋がり、水や生命の循環、
人と自然の関わり合いなどをテーマに撮影活動を行っている。
著書は、
「PLANET of WATER」(National Geographic),「night rainbow」「LIGHT on LIFE」「free」「夜の虹の向こうへ」(小学館)、「Dear Earth」(Pie International),「光と虹と神話」(山と渓谷社)ほか多数。

ザルツブルグ博物館、東京ミッドタウンフジフイルムスクエア、渋谷パルコ、阪急百貨店他写真展も多数開催。
TBS「情熱大陸」、日本テレビ「未来シアター」をはじめ、テレビ、ラジオ、雑誌等のメディアや講演会などで、自然の大切さ、自然と人間の関係性、人間の地球上での役割などを幅広く伝え続けている。
海の環境 NPO OWS 理事。みやぎ絆大使。高砂淳二さんのオフィシャル サイト junjitakasago.com

武本匡弘 プロダイバー・環境活動家
1985年 ダイビング会社設立
2014年 ダイビング会社を後継者に引継ぎ経営から引退。  
気候変動・海洋漂流ごみ調査等を目的に太平洋航海プロジェクト
を開始、「環境活動家」としての活動を始め現在に至る。
2019年 藤沢市に「プラスチックフリー・ゼロウエイスト」
をコンセプトとした「エコストア パパラギ」を開設 。
NPO 法人気候危機対策ネットワーク代表

お申込・お問合せは、0466-50-0117
又は  kikokikinet@ybb.ne.jp