井田徹治さん講演会

追いつめられる海

人間は、自らの重要な存立基盤である地球上の生物多様性を、食いつぶしながら生きてきた。
地球を消費し尽くす前になすべきことは何か?
著書「生物多様性とは何か」で警告を発した井田さん、そして今海はぎりぎりのところまで追い詰められている。

「追いつめられる海」

日本を代表する科学ジャーナリスト・井田徹治さん講演会、司会進行を務めさせていただくことを栄誉に思います。

11月8日(日)14時 藤沢市民会館 第一展示ホール

主催 湘南のなぎさを守る藤沢市民の会
協賛 エコストアパパラギ NPO法人気候危機対策ネットワーク
後援 藤沢市・藤沢市教育委員会 司会進行 武本匡弘

お申し込みは 0466-50-0117 エコストアパパラギ
または fujisawa(@)eco-papa.com
※()を取ってお送りください

 

 

~井田さんとシルビア・アール博士 昨年12月 マドリード COP25~
僕にとって一番うらやましい写真です
「海は無限じゃない、幻想が生んだ惨状が今地球の海を襲っている」10年以上前にお会いした時の彼女のこの言葉が私自身の行動の礎にもなりました、科学者として、母親として、そしてダイバーとして本当にダイナミックに生きて来られたシルビア・アール博士もまた私の心のヒーローです、もう84歳?井田さん、お互い長生きしましょう!、じゃなく、仕事は永く続けましょう!地球の未来のために。

 

投稿者プロフィール

エコストア・パパラギ
エコストア・パパラギ