4月20日「ボルネオのパーム油の森の実態を見た」環境活動家が送るセミナー

NPO法人気候危機対策ネットワーク 環境活動家が送るセミナー

「”見えない油”が引き起こしている問題とは?〜ボルネオのパーム油の森の実態を見た〜」

世界で最も消費量の多い植物油「パーム油」。
日常でパーム油を意識することはほとんどありませんが、日本人も一人当たり年間5kgほどのパーム油を消費しているといわれています。
パーム油を生産するため、ボルネオ島でアブラヤシ農園が拡大し続けた結果、熱帯雨林の3分の1が消えてしまい、熱帯雨林に住んでいる野生動物の住処も奪われています。
2023年5月 ボルネオ島で実際に見てきたパーム油の現状の報告と、「見えない油」について考えます。

【講師】サステラ代表 RYUさん
「すべての人にサステナブルを」
サステナブルに関するコミュニティ「サステラ」を運営。
パーム油の問題を各地で講演中。

【企画・アシスタント】
NPO法人気候危機対策ネットワーク認定の環境活動家
笠原直子・平野祥子

【日時】
2024年4月20日(土) ①10:30~12:00 ②14:00〜15:30

【参加費】
大人(中学生以上) 1,100円
小学生 550円
未就学児 無料

(NPO気候危機対策ネットワークのホームページが開きます)

お問い合わせは、0466-50-0117(エコストアパパラギ)まで。

【主催】
NPO法人気候危機対策ネットワーク(会員募集中!)

【共催】
エコストアパパラギ

【会場】
エコストアパパラギ2F
(神奈川県藤沢市鵠沼石上1-3-6)

お問い合わせはこちらから
0466-50-0117(エコストアパパラギ)
fujisawa(@)eco-papa.com

定員に限りがあるため、完全予約制とさせて頂きます。

シリーズ「環境活動家が送るセミナー」

4月12日「今だから始める!わたしの不耕起栽培」
詳しくはこちら