虫よけスプレーや蚊取り線香に含まれる化学物質にご用心!

虫よけスプレーや蚊取り線香に含まれる化学物質にご用心!

ディート
昆虫忌避剤としてよく用いられるものに、ディートという物質があります。
化学名をジエチルトルアミドといいます。
蚊などの触角に作用する虫除け剤として、1964年に米軍が兵士用に開発しました。
スプレータイプやポンプタイプ、液体タイプやティッシュタイプなどいろいろな形態で、広範囲に便利に使用されています。

忌避剤という名称を用いている為、安全であると信じてしまいがちですが、        
稀に神経障害や皮膚炎を起こす報告があったため、アメリカやカナダ等海外では、
安全性についての再評価が行われ、特にカナダでは子どもへの使用について
厳しい規制が設けられることになっています。

ピレスロイド系
「ピレスロイド」とは、除虫菊の花に含まれている天然殺虫成分ピレトリンに似せて作られた化合物のことを指します。
実に多くの化合物が開発されており、スプレー式駆除剤をはじめ、蚊取り線香などに使われています。

マット式殺虫剤の有効成分アレスリン、フラメントリンもピレスロイド系殺虫剤。
神経過剰刺激、神経過敏症、発達中の神経への影響などの報告があり毎日吸いつづけていれば、化学物質過敏症にかかってしまう可能性もあるといわれています。

国立環境研究所からの情報ー
妊娠期における母親の殺虫剤・防虫剤の使用と新生児の体重・身長の発育との関連
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20200731/20200731.html

それでは、化学合成されたものを避けるには、どうしたらいいの?
それはずばり!天然成分で作られた製品を選ぶことです。
エコストアパパラギでは、安心してお使いいただけ、プラスチックパッケージ不使用を販売

-蚊取り線香- かえる印の蚊取り線香
除虫菊から採取したピレトリンを使用し、100%化学物質不含有、天然素材だけでつくられた無添加・無農薬・無着色の蚊取り線香です。

天然除虫菊を有効成分としたピレトリンは、即効性があり、残留効果が低く人体には無害、けむりも優しい!

-虫よけバーム- バジャー虫よけバーム
虫が嫌うシトラネラ、レモングラス、ゼラニウムなどのエッセンシャルオイルをブレンドし、保湿しながら虫から肌をガードします。
内容成分は、オリーブオイル、ヒマシ油、ビーズワックス(蜜蝋)、エッセンシャルオイル(シトラネラ、シダー、レモングラス、ゼラニウム、ローズマリー)

バジャー社の商品には遺伝子組み換え作物、石油系原料、人工着色料、合成香料、人工甘味料の成分は一切使われていません。また、動物愛護への配慮により製品の開発・製造にあたって動物実験も実施していません。

花火の蚊取り線香入れもご用意! ↓

 

天然成分で作られた虫よけで、楽しい夏を!             

通信販売はこちら →https://ecostorepapalagi.com/通信販売のページ/ ‎