祝島のおいしいひじきのお話

祝島のひじきはなぜ美味しい?

気持ちよい青空の中、アカモク漁の風景

2009年から祝島~上関海域で潜り始めて、ちょうど10年になります。
初めて潜った時の驚きは今でも忘れません!

ヒジキは、波の荒い海岸近くの岩場の潮間帯付近で見られる褐藻類ですが
島の岩礁域にびっしりと繁茂する姿は圧巻です。
また、最近人気急上昇の「アカモク」は国内でも最大級の繁茂量ではないかと思います。

健全に生い茂るアカモクたち

なぜうまい?

日本海「響灘」の潮が関門海峡を通って周防灘の潮に入り込み、
更には「速吸瀬戸(はやすいせと)」と呼ばれる豊予海況から流れ来る
“太平洋の潮” これら幾種もの潮があたる絶妙な位置に「祝島」はあるのです!

だから、日本一うまい! ヒジキもふのりも他では味わえないうまみがあるのです!

投稿者プロフィール

エコストア・パパラギ
エコストア・パパラギ