ビーガン/グルテンフリーという生き方#2

ビーガン/グルテンフリーという生き方#2

関慎子さんが主宰する「ソカロカフェsweets!」はヴィーガン、グルテンフリーのお菓子を作っています。

(FBの写真「お菓子ランド・テーブル」食いしん坊万歳!の内訳はこのページの最下段です)

若い頃ストレスから、身体が必要とする以上の量を食べていた時期がありました。そんなとき、手作りの大切に作られたものはほんの少しでも身体も心も満足してびっくりしたことがあります。
食べることはエネルギーを頂くこと、生産者の方々、造り手、お客様へと笑顔の和が続いていくように。

原材料 米粉 素精糖 菜種油 白たかきび粉 ココナッツミルク きな粉 海塩 

大切な私から、大切なあなたへと、私自身ができること、それがオーブンの前でお菓子を焼くことだったんです。

チョコレートクランチ
サクサク美味しいチョコレートのお菓子。味はジャンクですが、身体に優しい材料を使っています
原材料
有機オートミール、ヴィーガンチョコレート、素精糖、ココナッツミルク、玄米フレーク、メープルシロップ、米粉(新潟産)、アーモンド、菜種油、クルミ、ココア、海塩、バニラエクストラクト
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんでグルテンフリー?ヴィーガン?

アレルギー体質で、腸内環境(免疫の7割に影響するといわれています)が弱かった私は、夏でも指が垢切れだらけ、ふとしたきっかけから、お菓子を米粉にかえたところ、垢切れだけでなく、倦怠感も少なく、疲れにくくなりました。
でも、基本は食べ物に制限がある、なしにかかわらず、まずは「美味しいもの!」
そして見た目もちゃんと、「かわいい。おしゃれ」ということも大事にしたい!

これが、「ソカロカフェsweets!」の志でもあるんです。

 

ヴィーガンオレオ  --------------------------------

ビーガン/グルテンフリー
エコパパに来店されるおお客さんに、なんとグルテンフリーを実行している方の多いことか、
実際に小麦と乳製品を抜いてみると「体調が完全に変わった!」。という人も少なくありません
なんとなく疲れていることが多かったり、昼過ぎにはもう眠くなり体がだるくなる、鼻づまりがひどかった、などという人が改善したという話も聞きます。
それらが、主に小麦と乳製品からくるアレルギーが原因だったのではないか?とのことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際にIgG検査を受け、アレルゲンを除く食生活をしばらく続けてわかったという人いました
自分の体にきちんと向き合うという習慣はとても大事。
個人差もまちまちですから、決して病気ととらえず「それも個性だ!」という発想が大事なのかもしれません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※(参考文献 2週間で体が変わる グルテンフリー健康法)↓
お菓子ランド・テーブル の内訳はこの写真の下にあります! 食いしん坊万歳!!

上奥 かぼちゃと玄米クリームタルト
葉山のイサムファームさんの無農薬完熟かぼちゃを使用
右手 アップルジンジャーケーキ
徳之島の有機生姜と工藤農園の紅玉を使いました
左手 ガトーショコラ
ヴィーガンチョコレートをたっぷり使った濃厚なチョコレートケーキ
手前 タルトタタン
青森工藤農園の減農薬紅玉をたっぷり使いました。フレッシュなりんごの美味しさが味わえます

タラリ~(よだれが垂れる音)

          「エコストアパパラギの全て」はこちら       

投稿者プロフィール

エコストア・パパラギ
エコストア・パパラギ